公開講座(6/30、7/22)市民調査の計画/採取/分析:田代豊先生

先日の公開講座に続いて、田代豊先生(名桜大学)によるフィールドワークを体験できる公開講座が開催されます。IPP 河村は高木仁三郎市民科学基金への共同代表者として、この講座に関わっています。どうぞご参加ください。

 

連続公開講座 やっちゃえ!私達の環境問題調査

講座A:2018年6月30日(土)10-15時頃

「環境を観察して調査サンプルを採ろう」 市民にもできる調査の計画方法と試料採取の体験(地下水採水、土壌汚染、環境サンプラー設置回収など)  
【場所】宜野湾セミナーハウス中研修室+沖縄本島中部の湧水・河川・海岸等

講座B:2018年7月22日(日)10-15時頃

「環境サンプル化学分析を体験」
分析機器を使った農薬、日用化学製品、有害物質などの分析測定を体験
【場所】名桜大学講義棟101実験室
【講師】田代 豊(名桜大学国際学群教授・環境計量士)

 沖縄では有害物質汚染や軍用機騒音のような市民の生活に関わる環境問題が頻発しています。その実態を市民の立場で解明し、対策に向けた議論を進めることが必要です。本講座は、自主的な環境汚染調査に関心のある市民を対象に、調査活動に必要な考え方と方法について解説・実習します。
対象:環境問題に関心のある一般市民・地域住民(中学生以上向け。企業等からの参加はご遠慮ください。) 参加無料。A・Bいずれかだけの参加も可能です。

問合せ・参加申込み
(名桜大学・田代:0980-51-1086・080-3690-0651、tashiro@meio-u.ac.jp)